FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
宮島こもんはこんな場所です
●場所について
 町家通りの桟橋側の先端、いろんな人が行き交う三叉路と接するように、歴史ある町家が建っています。その中に広島工業大学地域環境宮島学習センター(宮島こもん)を設置。広島工業大学の学生をはじめ、地域の人やいろんな大学生たちが、まちづくりをガンバル拠点です。


●建物について
*町家
 前面の格子戸がよく映える。柱や桁などの部材が壁からのそぐ真壁づくり(しんかべづくり)の建物である。鼠漆喰(ねずみしっくい)と呼ばれる、灰色の壁が残る。落ち着いた表情を見せる町家である。
 建物のまんなかに中庭をもち、みせ、おうえ、ざしき、の3つの畳の間で構成される。建物全体を通り庭が貫通している。

*格子戸
 空間をゆるやかにつなぐ建具である。このあいまいさが、内の生活感をほんのりと外の通りに運んでくれる。格子戸を通じて、まちの人との交流が生まれる。

*にわ
 自然を取り込む装置として、中庭、通り庭がある。中庭は室内に光を、通り庭は建物全体に風を行き渡らせる。にわは、ちょっとしたたまり場にもなるエコ空間。

*宮千軒
 宮島には千軒の町家が肩を寄せ合いながら建っていたので、宮千家(みやせんけ)という言葉が今に伝わる。ふたつとして同じ建物はない。それは、決して平坦でない地形に合わせるように、ちょっとずつ敷地も変化したからだ。建物もゆがみに合わせてつくられている。
スポンサーサイト
10/01 | 宮島こもんとは??- 設立趣旨 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://miyajimacommon.blog73.fc2.com/tb.php/61-bdea515c
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 宮島こもん All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。