FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
今年のニュース
今年のニュースから。


ひらかわ


※ニュースは西日本タイムスを参照・引用
1月
宮島検定に約300人の人が挑戦。
12月にも2回目が開かれる。
検定ブーム。学ぶことを楽しみに変える試み。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070119/16.html


2月
住民主体の気軽に参加できる「まちづくり組織」づくり
行政がワークショップをつうじてコミュニティ推進組織を
新たにつくろうと動き始める。
まちに住まう人たちが、どう共同性を発揮するかが課題。
コミュニティを推進、というが、そもそもコミュニティとは何かも
はっきりしないまま推進しても進展しない気がする。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070216/28.html

そんななか、まちに住まう人ではなく、外部の人間、選択縁で
つながる人たちの動きも現れる。
宮島ネットワークという組織が雛めぐりで外国人を観光案内する
活動を始めた。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070223/20.html

やはり今年のキーワードも観光。
宮島を核にした新市域全体の観光による地域振興とまちづくりが
廿日市市で進められる。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070202/36.html


3月
宮島の玄関口もリニューアルされた。
確かにキレイにはなった。
http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070330/33.html

町並み報告会も開かれる。
宮島町の町並みの歴史的価値を明らかにするために実施してきた、
伝統的建造物群保存対策調査の報告会である。
キレイなだけが町並みではないのだと思う。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070316/39.html


4月
まちに住まうには、防災という視点も重要。
新たに消防艇が配備された。
ハードだけでなくソフトも。
宮島の消防団、住民たちの組織は台風などの災害やイベント等
いろいろな場面で活躍している。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070427/25.html


5月
「宮島に特養老人ホームを」と市長へ署名を提出。
高齢化はますます進み、切実な問題として眼前に現れている。
ただ現実的な対案はだされないまま。行政頼みだけでない
より身近な住民たちにできる対案をだす必要を感じる。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070511/27.html


6月
アート発信拠点を住民の工芸作家がオープン。
手づくりのアート拠点。住民が自ら動くことでカタチにする
ことの意義を感じる。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070615/35.html


7月
外国人誘致策を計画。
外国人に数多く着てもらおうと、いろいろなことが考えられている。
観光協会の動き。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070622/46.html

「三女神物語」をブランド化
本格PRへ商標管理会設立を設立した。
いろんな組織がひしめいている宮島。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070720/39.html


8月
小中学生が宮島踊りを披露。
英語で観光案内や伝統芸能の学習など、地域学習で
小中学生も活躍している。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070824/46.html


9月
ミヤジマトンボ、入浜池汽水化向け整備。
自然も豊かな宮島。宮島トンボが生息できるように整備や調査が
行政レベル、専門家レベル、市民レベル、で進められている。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070921/34.html

おためし暮らし、廿日市市が宮島定住促進
いかに人口を増やすか、実験が始まっている。
住民になる意識をどう醸成するか、まちに住むこと、
そしてその地縁のなかでいかに共同性を生み出すか、
「定住」ということになると、問題はまだまだある。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/070928/30.html


10月
宮島場所で大相撲秋巡業。
世界遺産、日本三景、やはり認知度はでかい。
こんなことも出来てしまう地域なのだと知る。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/071026/30.html


11月
空き店舗続いたもみじ館で限定イベント。
定住促進も空き家対策のひとつ。空き家・空き店舗を
いかに活用するか、こちらは観光を切り口に取り組まれている。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/071130/34.html

伝統産業会館内装改修。
こういった施設の活用の模索がつづく。ただ物理的整備に
とどまらなければいいが。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/071130/31.html



12月

厳島門前町に文化価値を報告
伝建制度に向けた取り組みが一歩前進した。
町並みをいかに「制限」するか。
自由が利己にはき違えられないためにも、住民同士のルール
づくりが必要だが、その議論の土俵はこれからなのかもしれない。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/071207/37.html


厳島神社大清掃
「台風の被害もなく、特に紅葉シーズンはお参りも多かった」と
今年を振り返っている。
どこかの知事が、今年を漢字で表すなら「激」と言っていた。
まちの変化は確かにいろいろ羅列すると混沌としている。
激しい変化はときに必要だが、ひとつひとつを積み重ねていく
小さな変化も忘れてはならない気がする。
厳島神社の姿が穏やかに継承されてきたように、小さな変化を刻むためにも、
全体を見わたし身近なところから来年へと積み重ねていきたい。

http://www.l-co.co.jp/times/log/07/071221/45.html


ひらかわ


※ニュースは西日本タイムスから引用
スポンサーサイト
12/31 | まちづくり- おもい | CM:6 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://miyajimacommon.blog73.fc2.com/tb.php/268-23565db9
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 宮島こもん All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。