FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
宮島アルキメデス、+α
blog_20070417_322.jpg


ここでは、宮島アルキメデス創刊号を通じて、アタラに発見した情報を加えていきます。

★犬のナナは宮島一!?好奇心旺盛(表紙)
2007年現在、14歳ということが判明。柵が広がっているのは、ナナ自らかじっての労作。以前は軒の上を歩いて隣の家に渡るほどの、冒険心の持ち主。



★コータの赤チャリ改め……(5ページ)
正しくは、コータのフェラーリ?です。というのも、近所の方と宮島アルキメデスの話が盛り上がり、こんな会話に。

「赤チャリじゃ、もしかすると笹井くんに失礼じゃないの?」
「えっ!」
「だって、あれは笹井くんの愛車でしょ」
「そういえば、いつもブイブイ走らせてるかも」
「だったら、スポーツタイプ。フェラーリか、ポルシェって感じじゃないの」
「そっか、あれは真っ赤なフェラーリがぴったり」
「そうそう、宮島のフェラーリなのよ、きっと」

そう!笹井くんのフェラーリだったのだ。ずいぶんと勝手なんだけど、近所の人と想像を膨らませてしまいました。



★宮千軒(12ページ)
宮千家ではなく、正しくは宮千軒です。

ちなみに、宮島は宮千軒といって、かつては1,000軒近くの家が建ち並び、その民家のあいだは迷路のような小路が入り組んでいた。昭和三十年代は多くの子どもがおり、小路には子どもが遊ぶ光景があった。

しかし、平成9 年度には過疎地域活性化特別措置法の過疎地域に指定。一方で、世帯数は同じ調査で942 世帯と、宮千軒といわれた昔からあまり変わっていない。家々のスキマには小路がめぐる光景はまだまだ継承されている。



★謎の大楠は蛇の巣?(13ページ)
謎の大楠の巨大な穴。かなり以前からあったようだ。近所のおじいさんに話を聞くことができたのだが、子どものころ、良く遊んでいたらしく、なんと穴には蛇が巣くっていたそうだ。「あの穴には蛇がとぐろ巻いてたけぇ」と懐かしそうに話してくれた。



★氏神祭(14ページ)
氏神(うじがみ)とは、同じ地域に住む人々が共同で祀る神道の神のこと。なので、キャプションに表記したしゃもじを祭るお祭りは、誤った表現であり、この場にてお詫び申し上げます。

さて、宮島の氏神祭は、以前は100人神輿やけんか獅子舞があるなど、かなりにぎやかに執り行われていました。ちなみに、宮島の氏神は厳島神社である。

しかし、高齢化や少子化の影響で、一時は途絶えたとのこと。土地の者たちを守ると言われる氏神。消防団の方や北之町の方、厳島神社の方などが、この行事を復活させようと動いた。

現在は、北之町から神輿が出ている。神輿のしゃもじは、北之町の職人、広川さんによるもの。地域の人びとが結束する祭りが氏神祭なのだ。


宮島アルキメデス内に、謝った表現がありました。関係者の方々に謹んでお詫び申し上げます。そして、いろいろとご指摘いただきありがとうございます。みんなでつくり上げて行く感覚。それが大切なのだと教えていただきました。これからもポイ捨ての情報でなく、いつまでも手にしていただける情報を捉えていきます。


平川

スポンサーサイト
04/25 | まちづくり- おしらせ | CM:3 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://miyajimacommon.blog73.fc2.com/tb.php/205-d0265cab
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 宮島こもん All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。