FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- | スポンサー広告
今年のニュース
今年のニュースから。


ひらかわ


※ニュースは西日本タイムスを参照・引用
スポンサーサイト
12/31 | まちづくり- おもい | CM:6 | TB:0
ひとりひとり、おもいおもい
ひさしぶりのアップ。
下の写真は社篭のようす。
1年に1度、厳島神社で宴会。
ひとりひとり、おもいおもいのドラマが感じられて、楽しそうです。

415.jpg


平川

11/15 | まちづくり- おもい | CM:1 | TB:0
日々、書く。
昨日、なんでトンボの話をしたかというと、雨上がりに無数のトンボがうわっと飛び交っていたのを目撃したから。

でも、こんな光景も書き留めないとすぐに忘れてしまう。
ささいなことでも、コツコツと書く。
大変だけど、まちに暮らし感じることを伝えるために、必要なことなのだと思う。まちのわるい面もいい面も、この書くことから着々と明らかにしていきたい。

413.jpg


平川

07/13 | まちづくり- おもい | CM:3 | TB:1
あたりまえの風景
蚊とともに、トンボもたくさん飛んでいる。
さまざまな種類のトンボが生息しているのは、豊かな自然が存在する証拠だと、どこかでそんな話を聞いた。つまり、トンボが飛ぶ当たり前の風景は、実は自然のバロメータにもなる。

宮島にもいろんなトンボがいる。
身近な光景として親しまれている、というより、たぶんそこまで意識していないだろう。でも、トンボが飛び交う身近な光景が消えたら、それは多くの人が寂しさを覚えるのではないだろうか。

原生林という威厳をまとった自然が存在する宮島でも、もっと身近なものにも目を向けたい。
それは、たぶん自然に限ったことでもない。ビッグなイベントも世界遺産の神社もあるけれど、日々の生活や、まちの小さな変化も、実は重要なバロメータであり、ほんとうに住民たちの心を揺さぶるのは、そんな身近なところからだと思う。

412.jpg


平川

07/12 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
梅雨らしく、雨。
雨が続く。
そうなると、蚊が活発に活動を始める。蚊に刺された。蚊帳がほしい。
エコ、スローライフ、ロハス、、、
最近、蚊帳がブームらしい。

話は変わって、先日とある住宅展示場に行ってきた。
そこでは、体験宿泊もできてしまう住宅が用意されている。
実際に一泊して、メーカーのウリをアピールしたいのだろう。

なんか、そんなふたつの出来事を掛け合わせて、町家で蚊帳体験会なんてどうだろう?
蚊帳で一泊。しかも、そこはクーラーもない町家で、中庭の障子を開放して寝る。
それだけなんだけど、とにかく町家などの古民家での豊かな暮らしっぷりをアピールするには、体験が一番かなと、そう思った。

414.jpg


平川

07/11 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
お便り
時々、お便りが届く。
小学生や中学生の子どもから。
大学は楽しいか?とか、元気か??とか、そんな感じのことを、手書きのへたな字で。
でも、最近メイド・イン・パソコンの文字ばかり見ている自分にとって、とても新鮮にうつった。

自分が子どものときは、自分のような?町家にひょっこりと暮らし始めるような大学生はいなかった。そんな離れた世代との接触も数少なく今まできたのだけど、今お便りをくれる子どもたちは、どんなことを思っているのだろう?
ただ、今言えることは、いろんな世代との交流は、子どもの教育はもちろん、まちづくりにも欠かせない。大学生が、もっとまちに歩み寄った生活を繰り広げる。たとえば、そんな取り組みから、新しい多世代交流のしくみをつくることもできると思った。

410.jpg


平川

07/09 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
おつきあいの道具
自転車で、友達のところへ、ちょっとした買い物へと、島内を行き来する光景をよく目にする。行動範囲を広げる便利な道具として大活躍している。

409.jpg


平川

07/08 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
仕事の道具
軽自動車の多い宮島。
軽トラックの荷台は、水槽仕様に。

408.jpg


平川

07/07 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
生活の道具
ただの台車だけど、
こんなものがあふれている光景も、宮島のまちにはある。

407.jpg


平川

07/06 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
だれのための発信。
廿日市を圏域としたコミュニティFMは、着々と進んでいるらしい。
廿日市でコミュニティFMを考えるとき、宮島の存在は大きいようだ。
今では、インターネットで世界にFMも発信できる。
そんなとき、宮島というキーワードの持つポテンシャルは高い。
簡単に言うと、廿日市で検索する人は少ないが、宮島で検索する人は多いという考え。
それを期待し、広く聞いてもらえるFMとして育てていく考え方もある。
しかし、それも地元での盛り上がりがない限り、効果は薄いだろう。
まずは身近な範囲を、自分たちで充実させていくこととの両立が課題だと思う。

406.jpg


平川

07/05 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
軒先に花。
最近、軒先に花を生けている。
時々、住民が花を変えてくれる。
まちの人のやさしさを感じなら、小さな変化を楽しんでいる。

403.jpg


平川

07/02 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
ナツ
7月になった。
ナツ、が刻々と近づいている。
そろそろ、学生たちは夏休みの計画を立てるころ!?
宮島でも、学生たちによるナツ☆プロジェクトを画策中。

401.jpg


平川

07/01 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
軒菖蒲
今日も犬のナナが2階の窓から顔をのぞかしていた。
ナナの足元、つまり軒にはなぜか菖蒲らしきものが…。
軒菖蒲という風習らしい。
菖蒲とヨモギを束にして、軒にならべる。
端午の節句に行われる風習のようだけど、この5月5日は旧暦では6月ごろ。それが夏至にあたるとの捉え方もあるようで、邪気をはらうためのおまじないとし行われている。
たまたま歩いていただけで、そんな風習があるなんて知らなかった。しかし今日は偶然にも見つけてしまった。まちを歩くと、いろんな偶然に出会えるのだ。

402.jpg


平川

06/20 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
つづける
続けることが大切。
例えば、宮島アルキメデス。
2号はもちろん3,4,5…、と続けること。
中途半端じゃなくて、活動の継続。

blog_20070517_348.jpg


平川

05/07 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
ドロンコ
ドロンコの中で育つ。

今の子どもたちは、ドロンコなんて知らないのかもしれない。

公園を室内化した施設が、最近ブームらしい。
管理の行き届いた遊具は、清潔で安全。不特定多数の人が利用するその施設は、近所づきあいの心配もないそうだ。

交流・体験よりも、安全・安心。

ドロンコが理解されない。まちなかかの空地や公園、路地などは危険地帯。閉鎖された施設が、子どもの日の今日にぎわっているのとしたら、ぞっとしてきた。

blog_20070429_336.jpg


平川

05/05 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
住民の声
宮島アルキメデスはいつ出るの?とよく聞かれる。

近所の方に宮島の古い民家の特集をしてよ!と注文も入りだした。

まち歩きから始まった活動が、いろんな人たちの、いろんな期待を呼び覚ましている。

blog_20070429_335.jpg


平川

05/04 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
みんなで
憲法についての話題が、にわかに沸き立っている。毎年のことだが。

改憲について白黒つけることよりも、賛成・反対を意見するために考えるプロセスが重要。そのことに「みんな」が気づくには、どうしたらいいのだろう?そんな疑問は、まちづくりにも当てはまる。

「みんな」が自分たちのまちについて、意見を交わし、まちの課題を解決するために取り組むには?

blog_20070429_334.jpg


05/03 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
多様な観光客
宮島には各地から観光客が訪れる。外国人の方も多い。

観光客の目的もいろいろ。

厳島神社にお参りするだけでなく、最近できたカフェにとか、ギャラリーのガラス展にとか、軒下アートに、山登りなど、スタイルも多様化してきた。

もっといろんな楽しみ方があって、滞在のバリエーションも広げてっていけば、まちの活性化につながると思う。

blog_20070429_333.jpg


平川

05/02 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
7ヶ月。
ブログを書いて7ヶ月がたつ。

アイデアはつきそうで、つきないもの。どんどん広がっていくもの。

アイデアをどんどん受信し、発信し、カタチにしていくこと。

身近な現場に身を置きつつ、広い視野を持ちつつ、新しい動きを軌道に乗せる。

そんなブログに育てていきたい。

blog_20070429_340.jpg


平川

05/01 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
交通規制
フツウ、交通規制って言葉から連想するのは、災害時の通行止めとか、祭りとかイベントのときの歩行者天国とか。

世界遺産登録を目指す石見銀山では、住民の暮らし、そして古い町並みを守るために、交通規制を始めた。観光客はまちの外れの駐車場に止め、まちなかに自動車を乗り入れられない。

blog_20070428_328.jpg


04/30 | まちづくり- おもい | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 宮島こもん All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。